FAQ

Update on Hospital, Patients and more...

  • 快楽病院は2014年3月8日に開業されたのになぜまだ寄付が必要なのですか?
    アフリカのブルキナファソにある快楽病院は、宗教差別によって現在も開業が滞っている状態です。今私達はFGMが禁止になったばかりであるガンビアに安心して手術を実践できるように新しくもう一つの病院を建設予定です。資金は被害者の患者が手術をうけるためだけではなく、現地の外科医に手術の訓練させるためと医療用品などの出費にもつかわれます。
  • どれくらいの患者を治療するつもりですか?クリトリス再生手術をするための適したドクターと外科医を手配することはできたのですか?
    私達は現在ブルキナファソで300人もの患者が待機リストに存在しています。カルフォルニアからのドクターバウワーズとNYからのドクターヘニングは現地で働けるようになるためにブルキナファソで外科医を指導することを待ち望んでいます。私達の目的はこの手術を完全に無料で提供することです。ブルキナファソでの現在のそのような手術費は約アメリカドルで300$~500$します。(2万5千円から4万5千円くらい)患者にとって約1年~2年にもなる給料です。私達の外科医はすでにドクターフォルデュによる手術テクニックの訓練を受けていますが、彼の直接指導を受けていないアフリカの医者達に手術方法を共有することも楽しみにしています、(ドクターバウワーズはドクターフォルデュによる2つの訓練を受け、ドクターヘニングにその指導を行いました)私達はブルキナファソ以外の国、ケニア、エジプト、ナイジェリアなどのFGM被害が多大な場所だけでなく、FGMが実践されていないですが経済的理由による移民した被害者がいる南アフリカでもドクター達を指導したいと希望しています。私達の病院は基本的にこれらのドクター達を訓練することになります。

  • クリトレイドの外科医や医療スタッフはボランティア支援していますが、米国やヨーロッパの外科医は無料ではないのはなぜでしょうか?
    ドクターバウワーズやドクターヘニングと彼らの医療スタッフは毎回患者を治療するとき、彼らの治療時間や技術を100%無償で支援しています。米国やヨーロッパで患者に請求されるお金はそこの医療施設に厳しく支払われるものであって外科医達へのものではありません。ブルキナファソの病院の利益は患者はこのような医療費を支払わなくてよいことです。
  • どのような支援をアフリカの女性に与えているのですか、そして誰がこの治療を受けたいと望んでいるのですか?
    クリトレイドの通信員であるバネマニーテュラオルは、AVFEというクリトリス再生手術を受けたい女性達と、そしてそのすべてを支援する団体を作りました。彼女自身もFGMの犠牲者であり、再生手術を受けました。彼女のボランティアスタッフはFGM犠牲者であり、何人かは再生治療し、犠牲者の女性達の手順をコーチしてあげる最高の責任者になりました。バネマニーはラエリアン司教でもあります:ラエリアンの哲学は性的快楽のタブーを完全に消し去るものであります。彼女の罪悪感を無くす考え方は、長年に渡って肉体的そして身体的の両方での性的抑圧を受けてきたFGM患者の痛みをサポートする貴重な支援になります。
  • その治療にたいして反対しているコミュニティに帰る患者への対応はどのようにしていますか?
    私達を尋ねてくる女性達は、自分達で責任をもって訪れます。すべての人達は長年に渡ってどうやって切断された部分の治療できるのかを探し求めた人達です。 彼女達は彼女らのコミュニティが考えるようなことは十分理解しています。彼女達が希望しているのは一つだけ、正常になること。完全に戻ることであり、尊厳ととくに喜びの感覚を取り戻すことであります。ブルキナファソでは、手術のよいニュースを聞き入れ犠牲者は夫や若い女性と共に訪れます。彼女達にとってこの手術は、膀胱感染症、性交や分娩中の時の痛み、その他のFGMによる生理的な困難からくる痛みから自由になりたいためのものです。多くの女性は呪いにかかったと思い、これらの痛みを静かに苦しみます。この手術は痛みから自由にするだけでなく、彼女らの自尊心と彼女らのパートナーとの関係の成長に花咲かせるように性的快感を回復させます。クリトレイドでは、セクシャルトラウマのカウンセリングもボランティアでやっております。アシュリーさんはFGM犠牲者の子供の頃の体験からくるトラウマを克服させる手助けをしております。患者被害者のコミュニティに再適応するためのテラピーは、彼女達にとってとても小さな悩みなのでそんなに持ち込まれることはありません。

  • コミュニティに帰宅した女性患者でよい待遇をうけた成功したケースはありますか?
    4人の女性は、クリトレイドによってドクターフォルデュの技術を使ってがブルキナファソで再生治療を受けました。すべての女性は完全に回復しただけでなくAVFEの活動に支援者になり、現在彼女達のコミュニティの女性団体や学校に出向き、これらのすべての被害者に希望をあたえるために、この再生手術の広告活動もしております。アメリカ、ヨーロッパやオーストラリアで手術を受けたほとんどの患者は、彼女達のコミュニティにはその事実を言及したくはないでしょう。彼女達はただこの西欧諸国のどこにでもいる女性達みたいになりたく、そしてそれは彼女達にとってのコミュニティとの距離をとる方法なのです。すべての患者被害者は手術後自由になりたいのです、悲惨な過去に”さよなら”を言うために、、、。
  • このような文化の難しさによる環境で何か問題はありましたか?
    何か問題ですか?西欧諸国では米国に渡米するこれらの女性達の意気込みを理解するのが難しいようです。しかし、手術による回復は決定的ですが、性的快感を取り戻すためにアクティブに働きかけなければならないことを患者はいつも理解するわけではありません。クリトリスの部分も他の体のどの部分と同じように損傷を受け治療をしたら、肉体的テラピーは必要になります。クリトリスのような臓器の場合、肉体的テラピーとはマスターベーションのことです。それぞれの患者はセックスセラピスト ドクターベティドッドソンによってのセクシャルテラピーを受けます。患者にとって文化の困難とは彼女らのセクシャルタブーを克服し、自身の体の快楽の可能性を受け入れることです。クリトレイドの役半分のボランティアはラエリアンの哲学団体からきています。彼らの性的快楽へのポジティブな態度は患者にとって有益です。もちろん、クリトレイドのプロのボランティアも患者たちを少しづつ彼女らの道案内をします。文化の困難といえば、一つの女性グループを言及する必要があります:20代初期のFGM被害者女性達は自身の膣口が縫われ閉じているために、自分達の性器が切断されたいたことにそこではじめて知るのです。彼女達は恐怖に怯え、自分自身の体を軽蔑し、結婚後の最初の性交を非常に怖がります。私達クリトレイドスタッフがはじめて彼女達FGM被害者の恐怖体験を話した最初の支援団体です。被害者は産婦人科行くことも許されなく、そしてもちろん、彼女らの大きい夢である再生手術を受けることを両親から承諾されることはないでしょう。問題は彼女達がコミュニティに適応することの手助けではなく、コミュニティが彼女達にあたえる負担の痛みから救うことです。
  • 世界中でどれくらいの女性を治療しましたか、そしてあなた方が得る成功率はどのようなものでしょうか?
    カルフォルニアのサンフランシスコでドクターバウワーズ共に外科医長は手術を実践しています。アフリカから自身の再生手術を受けるために渡米する何人かの患者を治療しました。患者は現在完全に回復し健康です。 しかし、当然アフリカの多くの患者は手術を受けるためにアメリカに来る旅費を払いはことはできません。アフリカに建設した私達の快楽病院はこの問題を解決します!

  • 地元のアフリカのコミュニティがあなた方の病院”快楽病院”の名に不満に思う人たちがいて問題があったそうですが、なぜでしょうか?
    はい、アフリカ(もしかしたら世界中のどこよりも)は、多くの人々が性について語ることを恥じり、この実態はアフリカのような場所ではFGM儀式への結果になる悪性のタブーであります。 一般的健康ディレクターであるボボ デュラソーは病院について喜びを語れない人達はその施設が痛みを軽減するためでると考えられているからですと私達を納得させました。私達の病院名を”カムカソ”や”カミテの女性の家”という名に変えさせようとしました。どんなに、社会のタブーで私達の医療施設をそのようによんでも、私達は被害者の痛みを消し去り喜びの感覚を取り戻させることにはかわりはしません。クリトレイドはFGM犠牲者に性的感覚の喜びを復元するため再生手術する世界でたった一つの慈善団体です。性に対するタブーがある宗教団体がスポンサーなために、他のどこの団体もこのチャリティー活動を支援したくはありません。クリトレイドは、地球のすべての生命は、神と間違えられた他の惑星からやってきた人達によって創造されたことを言及うするラエリアンムーブメントによって創立されました。私達の体は彼らの傑作です、喜びの感覚があるのはそこに目的があるから。それは、私達の健康にエッセンスをあたえ、ホルモンのバランスを調和します。他の宗教グループとはかなり違うアプローチです。なので、クリトレイドを訪れる患者は、どんなに自身の信教する宗教やスピリチュアルがあったとしても、この罪悪感なしの自由さ、彼らが回復するのを尊重する環境に快適をすぐに感じてくれます。

寄付

一生忘れられないギフトを出会ったことのない誰かにプレゼントしてみませんか?

ショップ