11月 24 2014, カテゴリー: プレスリリース
11月25日ラスベガスにて-国際健康団体によると、FGMによって苦しんでいる女性および少女は現在推定1億6千500万人だそうです。そしてもしこのトレンドが断続すれば、今から2030年までに世界中の約8600万人もの少女が女性器切断の危機にあるそうです。 その女性のほとんどがアフリカの女性でありますとクリトレイドのコミュニケーションディレクターのネイディン・ガーリーは言います。-米国に基ずく国際非政府組織は“この問題は現在グローバル的であり、そしてきっぱりと根絶すべきである"と声明しました。

"ユニバーサル人権宣言の第一条はすべての人間は生まれながらの自身の尊厳と権利の自由を平等に持っていると記述してあります。 これは個人の整合性を意味し、彼女の尊厳そして彼女の性器含め身体的な自律性であり、彼女の意思に反して違反してはならないのです!”"とゲーリーは言及します。

"そしてこれは女性の官能と性的快楽の喜びの権利も含まれています。" ゲーリーは言います。残念ながら、この官能と喜びの権利が(FGMを含む)女性への暴力を止めるために戦うためのすべに認識されるにはまだまだほど遠いです。しかしながら、それは基本的権利なのです。今日女性はまだこの権利を強く否定されています。たとえばケニアでは、女性器切断反対を戦う裁判で女性はセクシーすぎると公共の場で服を無理やり脱がせられます。そして英国では、再生手術はクリトリスが含まれていません(なぜならクリトリスが性的快楽だけの臓器であると考えられているからです)閉じ縫われている膣を開く手術はありますが、クリトリスの治療は存在していません。

これらの女性に彼女達の尊厳と喜びを取り戻させるためには、ブルキナファソのボボ・デュラソに建設したクリトレイドのカムカソ病院(快楽病院とも呼ばれています)を開業させる必要があります。 クリトレイドは2006年からFGMと戦ってきました。いつの日が国際連合UNが"FGMに対するいかなる違反も許さない対策 "を宣言するように、私達は2015年2月6日ゼロ・トラレンスの日にこの病院を就任を繰り返し努力して訴えます。

"私達はクリトリス再生手術を無料で被害者に提供しています。" ゲーリーは語り始めます。

宗教差別によっての理由から、不幸ながら行政は不利にも病院の就任を遅らせています。しかしながら、クリトレイドのアメリカの外科医はすべてボランティアにもかかわらず、 近くのクリニックにて38人もの被害者の切断された性器を救済することができました。これらの患者はブルキナファソはもとより、西アフリカやアフリカの角からの他の国からも訪問されました。クリトレイドの待機リストにはまだ100人以上の他の女性が載っており、これらの女性は彼女達の女性である尊厳と彼女達の感覚の喜びが取り戻すことを毎日のように頼んでいます。 (私達の手術は無料です。)

クリトレイドのチームは2015年の春にこの病院を開業できるよう一生懸命に勤めています。あなた方の資金援助をいくらでも歓迎しております。

病院の就任式の間ゲーリーは説明します。 "ドクターメルシ・バウワーズやドクターヘニングのボランティア外科医はこの歴史的人道な活動をするためにブルキナファソまで旅行しています、そしてナイロビにいる他の外科医を指導するためにケニアにも飛びます。これらのドクター達、ドナーの親切さ、すべてのクリトレイドボランティアスタッフ、そして現代科学によって性器切断の被害者は 残酷に奪われた彼女達の感覚の喜びを取り戻すことができるのです。彼女達の女性である尊厳はついに完全に復元されるのです。"

寄付

一生忘れられないギフトを出会ったことのない誰かにプレゼントしてみませんか?

ショップ