2月 01 2015, カテゴリー: プレスリリース
2月4日トロントにて –女性器切断FGM被害者を支援する人道組織クリトレイドのボランティア外科医であるドクターヘニングは、、国際連盟認定されているFGMゼロトレランス(例外を許さない政策)の日でもある2月6日金曜日午前11時トロントのレイクショアにあるハンバー大学にて語ります。

アメリカの婦人科医であるヘニング氏は、最近カナダの永住資格を受け取りまりました。クリトレイドのボランティア外科医の彼は、米国と西アフリカのブルキナファソ両国でクリトリス再生手術を革命的に被害者に実践しています。そこの都市ボボ・デュオウラソにてクリトレイドはカムカソ快楽病院をもうすぐ開業します、そこでの手術はクリトリスの性的快楽を経験できる機能を再生することができます。

去年の3月に38人のFGM被害者を治療したヘニング氏と他のクリトレイドボランティア外科医ドクターメルシーバウワーズについての人生の転換、ボボ・デュオウラソでの人道的活動に注目したハンバー大学国際開発研究所の卒業生徒達との間の演説にて:

“これらの女性は、アフリカの南サハラ砂漠と世界の他の地域での何百人の被害者と同じく少女の時に受けた性器切除に耐えてきました”とヘニング氏は説明されました。“彼女達のほとんどの人生は、切除された外陰部の多大な健康被害と性的快感を得ることができず生きています。彼女達はありがたいことにこの悲惨な過去から自由になることができ、自身の人間的な尊厳を取り戻すことができるのです。性的快楽と自身の尊厳は中心的役割なのです。”

年間を通じてドクターヘニングは、ニューヨークでFGM患者の再生手術を実践しています。クリトレイドの支援が必要な被害者は、オーストラリア、ヨーロッパ、インドネシア、アフリカや中東から渡米する人達に限らず、北アメリカにも何百人もの被害者がいますとヘンニグ氏は言います。

“多くの性器切断された女性は西欧諸国に移民してきました。増大する数のFGM被害者はFGMによってのダメージを再生転換できる方法を求め積極的に行動にでます。何度も、FGMがどれだけ被害者の生活と人間関係を破壊してきたか患者から打ち明けられます。”

ヘニング氏はクリトリス再生手術をカナダの外科医に指導することを待ち望んでいると言います。そして彼は、フランスが現在しているように、カナダがいつか患者の手術費をカバーしてくれるようになることを望んでいます。

ボボ・デュオウラソでは、FGMから回復した患者達とその再生手術を待ち望んでいる被害者達が集まるクリトレイドのカムカソ快楽病院にて2月6日のお祝いを行います。

寄付

一生忘れられないギフトを出会ったことのない誰かにプレゼントしてみませんか?

ショップ