3月 07 2015, カテゴリー: プレスリリース
クリトレイドはフロリダのパルムビーチ居住者のヘザーヒロニムスを支援します。彼女の4歳の男児に、医学界では”割礼”と軽く呼ばれている男児のペニスを切除することを拒否したために、彼女は実刑宣告を受けています。

“子供達への危害をくわえることは基本的権利に反するものです、私達は文明国と呼ばれている米国が男の赤ちゃんへの切断を合法にしていることを理解できません!" クリトレイド代弁者のネーディン ガーリーは言及します。

クリトリス再生手術を無料で提供することによって悲惨な女性器切断FGMを終焉させる目的の国際的非営利団体クリトレイドはラエリアンムーブメントの精神的指導者ラエルによって設立されました。現在この団体は男の子の性器切除も終焉させるよう国際的に促しています。

“国際連合U.N.はすべての文化を否定し、全般的子供達の権利に違反するFGMを賛成する宗教的論争になる結果になります。” ゲーリーは言いました。 “なぜ U.N. は女性器切断FGMを禁止にして男性器切除は非難していないのでしょうか?それは赤ちゃんの男の子への基本的権利を尊重する特定の宗教に免ずるものなのでしょうか?”

“国際健康団体によると世界中の30%の男性の男性器が切除されているそうです、
これは何十億人の人々が彼らの同意なしに切除されていることになります。”
とゲーリーは言いました。

Ph.D取得者でありクリトレイド所長のブリジット ボイセリエルは、神の名のもとでのどんな子供達への切断は許されない行為だと言います。“神が要求するものだという口実で世紀に渡ってこの切断は行われてきました、しかしどの宗教であっても自身の意思が伝えられない幼児にたいしての危害を加えてはいけません。”と彼女を言い. “私達はアフリカ被害者が無料で彼女達の女性器を治療できる病院を来年に開業できるように準備を進めています、 クリトレイドのおかげで北アメリカのいくつかのクリニックにて1000人もの被害者が安心することになるでしょう。しかしながら、私達は性器再生を要求する100人以上の包茎手術を受けた男性からもメールを受け取ります。彼らも助けが必要なのです! 創立者ラエルは繰り返して言及します、 人権ついて第三者委員会によってのすべての古い経典への見直しが緊急に必要です、それによてすべての宗教団体が人権宣言に合意する訓練ができるように。”

寄付

一生忘れられないギフトを出会ったことのない誰かにプレゼントしてみませんか?

ショップ